ゴロー
[31] [32]
職人製法
完璧に足に合う靴はできません
オーダーメイドの靴は、既製品よりは十分満足して頂けますが,決して[完璧]ではありません。
ゴローでは採寸して足型を取り、注文に合わせて靴をつくりますが、100%足に合うものをつくるのは困難です。ゴローの熟練した職人でも、足当たりの微妙なタッチまではくみ取れないからです。但し、理想のフィーリングに近づけるための手直しは可能です。足当たりのきつさとか硬さなどは、シンを抜いたり皮革を伸ばしたりして調整できるからです。
手直や調整に関しては基本的に代金はいただいておりませんが、材料代が発生する場合があります。あと郵送で手直しをする際の送料は往復共にお客様にご負担いただくようになりますのでご了承下さい。

オーダーとは?

※ 踵に特徴のある方の場合は、写真の様に踵に張り物をして既製品より、足に合いやすい形にを作ります。(小指や親指を広げる事も可能です。)

※ 足の大きさが右と左で違う為、靴のサイズを左右で変える。

※ 既製品の靴は25.0cm、25.5cm、26.0cmと5mmづつで販売をしていますが、25.0cmでは心配、でも25.5cmは緩いと思う場合はその中間の25.25cmで作る。
目的に合わせる
ゴローの材料、ゴローのデザイン、ゴローでの構造で、出来ることであれば、ご希望の靴を作ることが出来ます。
チロリアンシューズのデザインが好みだが、硬くて重たいなぁ…と思われるのならば、やわらかい革や底を少し軽めにするという方法もあります。